川崎市の心理カウンセリングルーム

今よりもっと「自分」らしく

WEB 予約
電話予約
料金
アクセス
お問合せ

人間関係

家族、職場、プライベートでの人間関係にお悩みの方へ

  • 子供やパートナーとの間に溝が生じてはいませんか?
  • 上司や部下、同僚と円滑な仕事関係が結べていますか?
  • 本当に心を許し気の合う親友と呼べる人がいますか?
  • 優しくされるのが怖く、深い関係を避けてしまってはいませんか?

組織内での問題をあなた一人で抱え込んであいませんか?
今や生活を送る中で誰とも関わりを持たずに生きていくのはほぼ不可能な世の中です。他者との関わりとの中で相手の劇的な変化によって関係が改善されるのであれば楽かもしれません。
しかし、心理カウンセリングからの観点ではいかに自分自身が変わるかが重要としています。

アメリカの精神科医エリック・バーンによると『他人と過去は変えられない』と言及しています。自分の意志ではどうにも成らない他人や、過ぎ去ってた過去を変えるような努力をしても状況は変えがたいのです。

◆自分自身の「感情、思考、行動」に自ら責任を持つ

人の心はその人本人によて動かされるものです。他人を変えさせたりや操作するのは合理的は方法として捉えてはいません。他者との関わりにおいてあなたがどの様に関わっていくかを自ら責任を持っての決断がここでは重要な考え方です。その結果、円滑な人間関係を築くことを目標としています。

◆私達の生きている「今ここ」に自らアプローチを向ける

又、過去の産物に対してて手解きをするのは不可能です。過ぎ去ってしまった過去や、これから訪れる未知の未来に直接手を加えるのは不可能です。私たちは時勢の中で唯一変化できるには現在です。手に負えない過去や未来に対して切望するよりも、すぐにでも動ける今を重視しています。

今現在あなたの感じている人間関係とはどのようなものでしょうか、先ずはそこから纏めてみましょう。


心的距離感の領域

インナーサークルストラテジー心理療法の技法として他者との関わりを図に表したものがあります。人間関係において物理的距離感ではなく、主観的に感じ取る心理的距離感を表しています。中心をAの領域として、そこから離れるにつれての心の距離感を図っています。他者との関わりに対し、あなたがどのような社会環境にいるのかを五つの領域に分類しています。

五段階の領域としては以下のように分類されています。

考え、行為、感情、望みを完全に信頼し得る特別な人。最もプライベートで個人的な領域。

ごく近い存在の親友や腹心の友、信頼できる仲間。

社会生活においてプラスとなる良き友人。

個人的な繋がりは薄い知り合い程度の人。

表面的な人との繋がり、最低限の社会生活における接点のある人。

あなたは右の図の中心Aの中にいるとき、あなたと関わりのある周囲の人達はどの領域にいると感じますか?充実した他者との関わりを感じるにはCまでの領域にいる人の存在が重要となるでしょう。他者を通して個人が成長するにはどれだけBまでの領域にいる人物との関わりがあるかが重要という考え方もあります。どのような状態が望ましいかよりかはあなた自身がどのように人と関わって生きたいのか、その関係に対してどのような状態を図が表しているのかに焦点を置いてみてください。
あなた自身の感覚で構いませんと言うよりかはそこが重要です、他者との関わりを今一度確認してみてください。

更に個々や集団としての距離感の詳細や向いている方向等、具体的な内容をお求めの方はハートウッドのカウンセリングを是非ご利用下さい。


完璧な人間関係

全てを理解し合う関係はとても難しいものです。親子、親友、恋人や夫婦間でもお互い理解し難いこともあるかもしれません。それだけ他者全てを理解するのは困難なことでしょう。しかし、相手のごく一部分を理解することは可能です。全てを理解し合える必要はありません、ほんの少しでも良いのです。もしお互いが僅かでも理解し合えたならその分の僅かな関係は深まるのです。

完璧を追い求めてしまうと人との関係を築くのはとても難しいことかもしれません。完璧な人間関係を求めてしまってはそれ以外の人間関係は遮断されてしまいます。人によって完璧に対する価値観は違うかもしれませんが、完璧な存在はめったに表れるものではありません。ですから完璧な人間関係を求めてしまうと、多くの関係が築けなくなってしまいます。あなたにとっての完璧な人間関係ではなく、一人一人それぞれ別の関係性を気付ければその分たくさんの繋がりが生まれます。一つ一つの繋がりを大切にしてみてはいかがでしょうか。


『人間関係』に関する主な心理療法

  • 家族療法
  • 交流分析
  • 療法
  • 主張訓練法
PAGE TOP