川崎市の心理カウンセリングルーム

今よりもっと「自分」らしく

WEB 予約
電話予約
料金
アクセス
お問合せ

心のベクトルに合わせた目的

広い意味でのカウンセリングは、「心理学的知識と手法に基づく専門的ガイダンス」と言い表します。クライアントとカウンセラーが共に協力し、同じ目的を共有しながらセッションを進めていきます。
ハートウッド心理カウンセリングでは、クライエントの心の状態に応じた「心理セラピー」「心理カウンセリング」「ライフ・コーチング」と大きく3つの目的を分類しています。

心理セラピー   今ここありのままの自分に寄添いこれまで抱えてきた気持ちに触れる
心理カウンセリング自分にとっての問題や課題を具現化にしてポジティブな目線で捉える
ライフ・コーチング仕事や私生活での目標を明確に自分らしいビジョンに向けて達成するそれぞれの掲げる目標

心理セラピー -Psychological therapy-

マイナスからゼロ:自己受容
心理セラピーの主な目的は、クライアントが心理的な問題や感情的な葛藤に対処し、心理的な健康を向上させることです。過去の経験や感情に焦点を当て、クライアントの自己受容と自己理解を促進します。
現在自分がどんな状態にいて、どこに立ち止まっているのかを理解します。

心理カウンセリング -Psychological counseling-

ゼロからプラス:自己効力
心理カウンセリングも心理的な問題に対処し、クライアントの心理的な健康をサポートします。カウンセリングの焦点は、クライアントが直面する具体的な問題や課題への対処にあります。解決策の見出しや具体的なスキルの提供が一般的です。
どこに向かおうとしているのか、又そこまでの道のりやペースを考えて動き出します。

ライフ・コーチング -Life coaching-

よりプラスに向けて:自己実現
ライフコーチングの主な目的は、クライアントが個人的な目標やビジョンを達成し、人生全体でバランスを取ることです。キャリア、健康、人間関係、ライフスタイルなど、幅広い領域での目標達成が対象です。未来志向でポジティブな変化を促進します。
これまでの道のりも別の方法やアプローチを考慮して、新たな価値観や能力を促します。

心の状態に応じた目的の役割

3つに分類された目的の役割を、右の図を参考としてください。
気分が落ち込んでいる時はマイナスに、気持ちが安定している時はプラスに状態を表した波に、それぞれの役割を当てはめています。
3つに分類された目的の役割を、次の図を参考としてください。

心理セラピーでは、心の状態としての波がネガティブに陥っているのであればそのマイナスをくい止めます。そのためには自分自身の内面的に目を向け、これまでのくるしみや努力、我慢等を十分に感じていきます。

心理カウンセリングでは、心の状態としての波を上向きに持ち上げていきます。自分自身をより客観視することで本来望んでいる姿はどこに向かっているのか、その信念はどうやって築かれたのかに触れていきます。

ライフ・コーチングでは、心の状態としての波がポジティブな状態にいて、より向上させたい際へのアプローチです。より能動的に自分自身の性格や特徴、これまで培った経験に取り組み戦略的に促進させていきます。

心理セラピーでは、自分自身の内面的に目を向け、これまでのくるしみや努力、我慢等を十分に感じていきます。

心理カウンセリングでは、本来望んでいる姿はどこに向かっているのか、その信念はどう築かれたのかに触れていきます。

ライフ・コーチングでは、自分自身の性格や特徴、これまで培った経験に取り組み戦略的に促進させていきます。

|| 地図で例えたカウンセリングの目的

例えば、あなたが道を探している際にそれぞれの目標は何を達成しようとしているのか、カウンセリングの目的について例えてみます。

現在地の把握
現在どこに立っているのかを理解し、どんな方向に進もうとしているのかを理解する
心理セラピー

目的地の把握
目的地はどこにあるのか、またそこまでの道のりやルートを見出していきます心理カウンセリング

ルートの適性化
新たな目的地までの時間や距離等を考慮して、自分の能力・資源を最大限に活かすライフ・コーチング

 

何れにせよ上記の目的分類ははあくまでもほんの目安です。無理に自分自身がどの状態で何を必要とするかにこだわる必要は全くありません。どの様な目的でカウンセリングを実施していくかからご相談下さい。

どんな時に必要なのか

心理セラピー : 今あなたが辛いと感じているとき。

心は体とは違い、目で確認して外観から様子を伺えません。
周りの意見よりも、今あなたが何を感じているのか、それがあなたにとっての真実です。
人によっては当たり前に耐えられるような出来事でも、それがあなたにとっては何よりも大きな壁かもしれません。文化や宗教などの社会環境によて、考え方や感じ方が様々なように、個々の性格によってもそれぞれ大切な事・感じ方、また何より心の働きは千差万別です。

・今まさに心が押しつぶされそうで苦しい。
・生きるのが辛く将来に希望が持てないと感じている。
・自分自身理解が何者なのか理解できなくなる
・朝起きてもやる気がなく一日がどーでもいい気分になる。
・もやもやした何かがつっかえている。

そんな時に心理セラピーをご利用下さい。あなたが心からあなた自身でいられる実感、そんな為に心理セラピーといった内面的アプローチがあります。

とりあえず大丈夫と思えるなら安心、今は心理セラピーを必要としている状態ではないのかもしれません。でも、もし何か悩んでいるのならご連絡下さい。一人で解決しないでいるよりきっと楽になれると私は信じています。

あっ、でも安心して下さい。悩むことはごく当たり前、辛くたっていいんですよ。


心理カウンセリング : 自分自身のコントロールを図るとき。

普段の日常の中に起こる生活習慣においての考え方、気持ちの感じ方、感情の捉え方、そしてそれに伴う行動の変化をねらいとしています。

・不快な感情のコントロール
・プレッシャーに対しての自信の構築
・仕事や勉強に対してのモチベーションの向上、集中力の維持
・実生活の中での止められない習慣や癖の変化、消失

あなたを動かす「心」と「頭」の在り様に対して意識していきます。
何事にも気分が乗らなないモチベーションは当然のことながらあると思います。心の強さや弱さをしっかり理解し、心の働きを深く理解していきます。心での感じ方、頭での考え方、お互いがお互いに理解し合える環境こそが心理カウンセリングに重要です。

今ここでのあなたが、何を感じ何を考えていますか?何があなたを強く動かせますか?それはプラスに働いていますか?そして今必要な要素は何ですか?

感情をはっきりと理解すれば、感情に躍らされることがなくなります。躍らされなくなれば、どんな時でも自分自身を保てられます。自分自身を保てられれば、自分自身を変化させられます。それこそが自分自身の理解とコントロールに繋がります。

成りたい自分に成る為に。自分自身に安心感を抱ければ後は進むだけ。


ライフ・コーチング : 目標達成を導く為のとき。

主に社会や事業の中で、現在抱えている目標や課題に対しての処理、解決を必要とするときにご利用下さい。又私生活全般に対応したアプローチでもありますので、何か成し遂げたいと感じているときがおススメです。

・一つの出来事に対する問題解決能力の構築。
・仕事での新しいプロジェクトに伴う方法と明確化。
・上手くいかない対人関係や複雑な組織間での調和。
・自分自身の理想像に対してのステップアップ

概要と致しましては、最終的な目標の具現化に焦点を当て、それに伴うステップアップの構築、そしてその実行を図ります。環境や現状に捕らわれない本来の”want”は何なのか、実現したい最終的なゴールを最大限に想像することから始まります。千里の道も一歩から、目標達成においてワープはありません。先ず今進むべく道を一歩ずつ進み続けることによって最終的なゴールまで向かっていきます。後は突き進むだけ。初めに選んだ道は途中で変化するかもしれませんが、最終地点を意識しながら着実にゴールまで向かっていきます。

ライフ・コーチングは、生活様式の中でさらなる改善の働きを主としています。又、外から与えられるものではなく、内から自分自身造りだすもの。それ故、自己客観視や考える力、モチベーションの方向性を重視しています。

一見難しそうに感じるかもしれませんが、そのためにカウンセラーがいます。ご一緒にサポートいたしますのでご安心をしてください。

PAGE TOP