川崎市の心理カウンセリングルーム

今よりもっと「自分」らしく

WEB 予約
電話予約
料金
アクセス
お問合せ

ゼロをプラスに
ー 自己効力 ー

クライアントの心理的な健康をサポートするため、現在直面している具体的な問題や課題へ焦点を当て、解決策の見出しや具体的なスキルの提供をします。
心理カウンセリングもまた様々なアプローチがありますが、具体的な問題や課題に対処し、クライアントに対して具体的なアドバイスやスキルを提供します。
クライアントの心理的な健康をサポートするために、クライアントが直面する具体的な問題や課題へ焦点を当て、解決策の見出しや具体的なスキルの提供をします。
心理カウンセリングもまた様々なアプローチがありますが、問題解決に焦点を当てることが一般的です。具体的な問題や課題に対処し、クライアントに対して具体的なアドバイスやスキルを提供します。

心理カウンセリングの概要

  1. 目的:
    • 心理カウンセリングの主な目的は、クライアントが自分の心理的な健康を向上させ、感情的な問題や課題に対処し、精神的なバランスを取ることです。クライアントは自分の気持ちや考えを理解し、より健康的な生活を築くためのサポートを受けます。
  2. 適用範囲:
    • 心理カウンセリングはさまざまな状況で利用されます。うつ病、不安症、ストレス、トラウマ、人間関係の問題、自己認識の向上など、様々な心理的な課題に対処するために利用されます。
  3. 専門家:
    • 心理カウンセラーは心理学やカウンセリングの専門家であり、クライアントと対話を通じて感情や思考のプロセスを理解し、サポートを提供します。
  4. アプローチ:
    • 様々な心理カウンセリングのアプローチが存在します。以下はいくつかの主要なアプローチの例です。
      • 人間中心療法: クライアントの経験や感情に焦点を当て、受容的な対話を通じて成長と自己理解を促進します。
      • 認知行動療法(CBT): 思考と行動の関連を重視し、具体的なスキルを提供して問題解決や課題に対処します。
      • 解決志向療法: 問題解決に焦点を当て、クライアントと協力して目標を達成する方法を見つけ出します。
  5. セッションの形態:
    • 心理カウンセリングのセッションは通常、一対一の対話を中心に行われます。クライアントは安心して自分の感情や経験を表現できる環境が提供されます。
  6. 機密性:
    • 心理カウンセリングは機密性が非常に重要です。クライアントとカウンセラーの対話は秘密厳守が保たれ、クライアントが安心して話すことができるように努められます。
  7. 協力的な関係:
    • カウンセラーとクライアントの関係は協力的なものであり、クライアントが自分のニーズや目標に合わせてセラピーを進めることが期待されます。

心理カウンセリングはクライアントに対して理解と支持を提供し、個人の成長と変容を促進するための重要なツールとなっています。

どんな時に必要なのか

自分自身のコントロールを図るとき。

普段の日常の中に起こる生活習慣においての考え方、気持ちの感じ方、感情の捉え方、そしてそれに伴う行動の変化をねらいとしています。

  • 日常生活のストレスや困難に対処する方法を見つけたい場合。
  • 人間関係の問題(家族、パートナー、友人など)に対処し、コミュニケーションスキルを向上させたい場合。
  • キャリアの方向性を見つけるための自己探求やキャリアアドバイスが必要な場合。
  • 現実的な目標設定や問題解決のスキルを向上させ、人生の課題に対処したい場合。

自分の気持ちの特徴をしっかり理解し、心の働きを深く理解していきます。心での感じ方、頭での考え方、お互いがお互いに理解し合える環境こそが心理カウンセリングに重要です。

今ここでのあなたが、何を感じ何を考えていますか。何があなたを強く動かせますか。それはプラスに働いていますか。そして今必要な要素は何でしょうか。

感情をはっきりと理解すれば、感情に躍らされることがなくなります。躍らされなくなれば、どんな時でも自分自身を保てられます。自分自身を保てられれば、自分自身を変化させられます。それこそが自分自身の理解とコントロールに繋がります。

成りたい自分に成る為に。自分自身に安心感を抱ければ後は進むだけ。

PAGE TOP