川崎市の心理カウンセリングルーム

今よりもっと「自分」らしく

WEB 予約
電話予約
料金
アクセス
お問合せ

マイナスをゼロに
ー 自己受容 ー

心理セラピーは、精神的な問題や感情的な課題に対処し、個人の心理的な健康を向上させることを目的としています。セラピストとクライアントが対話を通じて深い理解を築きます。
認知行動療法、精神分析、人間関係療法などが一般的です。セラピストはクライアントに対して非指示的で中立的なスタンスを取り自己受容を通して新たな気付きを促します。

精神的な問題や感情的な課題に対処し、個人の心理的な健康を向上させることを目的としています。セラピストはクライアントに対して非指示的で中立的なスタンスを取り自己受容を通して新たな気付きを促します。

心理セラピーの概要

  1. 目的:
    • 心理セラピーの主な目的は、クライアントが自分の心理的健康を向上させ、良好な精神的な状態を維持または回復することです。これには、過去の経験や関係、思考や感情のパターンを理解し、変容させることが含まれます。
  2. 適用範囲:
    • 心理セラピーはさまざまな状況で利用されます。うつ病、不安症、トラウマ、ストレス、人間関係の問題、自己価値感の低さなど、さまざまな心理的な課題に対処するために利用されます。
  3. 専門家:
    • 心理セラピストは、心理学や臨床心理学の専門家であり、さまざまなアプローチや技法を用いてクライアントと対話します。臨床心理士、心理士、カウンセラーなどが心理セラピストとして働くことがあります。
  4. アプローチ:
    • 様々な心理セラピーのアプローチが存在します。以下はいくつかの主要なアプローチの例です。
      • 認知行動療法(CBT): 思考と行動の関連を重視し、問題の解決や課題に対処するための具体的なスキルをクライアントに提供します。
      • 精神分析: 潜在意識や無意識のプロセスに焦点を当て、過去の経験が現在の問題に与える影響を理解しようとします。
      • 人間関係療法: 人間関係のパターンや相互作用に焦点を当て、クライアントの関係能力を向上させます。
  5. セッションの形態:
    • セラピストとクライアントは通常、一対一のセッションで対話を行います。セッションの頻度や期間は、クライアントのニーズや状況によって異なります。
  6. 機密性:
    • 心理セラピーは機密性が重要です。セラピストはクライアントのプライバシーを守り、クライアントが安心して感情や経験を共有できるように努めます。

心理セラピーは、個人の成長と変容を促進するための強力なツールであり、クライアントとセラピストの協力によって効果が期待されます。

どんな時に必要なのか

心理セラピー : 今あなたが辛いと感じているとき。

心は体とは違い、目で確認して外観から様子を伺えません。周りの意見よりも、今あなたが何を感じているのか、それがあなたにとっての真実です。
人によっては当たり前に耐えられるような出来事でも、それがあなたにとっては何よりも大きな壁かもしれません。文化や宗教などの社会環境によて、考え方や感じ方が様々なように、個々の性格によってもそれぞれ大切な事・感じ方、また何より心の働きは千差万別です。

  • 心理的な疾患や障害(うつ病、不安障害、トラウマなど)の治療が必要な場合。
  • 自己認識や人間関係、過去のトラウマなどの深層心理的な問題を探求し解決したい場合。
  • 過去の出来事やトラウマによって引き起こされる心の苦しみや不安を克服したい場合。
  • 精神的な健康の状態を改善し、自己成長や存在意義を追求したい場合。

そんな時に心理セラピーをご利用下さい。あなたが心からあなた自身でいられる実感、そんな為に心理セラピーといった内面的アプローチがあります。

とりあえず大丈夫と思えるなら安心、今は心理セラピーを必要としている状態ではないのかもしれません。でも、もし何か悩んでいるのならご連絡下さい。一人で解決しないでいるよりきっと楽になれると私は信じています。

悩むことはごく当たり前です、、辛くたっていいんですよ。

PAGE TOP